廃車・解体の事なら岡山自動車リサイクル協同組合へ! Reduce,Reuse,Recycle,資源は有限,リサイクルは無限

自動車解体について

  • HOME »
  • 自動車解体について

scrap

■ 自動車解体について

自動車の解体は、一般の方が自分で車を解体することは法律で許されていません。


カーナビやステレオの取り外しなどは、 最終的にその自動車を所有していた人間に委託されて行なう分には許可されていますが、あくまで使用済み前の自動車に限ってのことであり、使用済みの自動車、廃車から部品を取り外したり解体するには法律により解体業の許可が必要です。

それに付け加え、せん断や破砕、圧縮プレスといった自動車スクラップには欠かせない工程を行う為に破砕業の許可も必要になります。このように、自動車を適切に処理するためには国に認可された登録や許可が必要不可欠となっています。

nibu
そして近年「自動車リサイクル法」という新しく法律が制定されました。

自動車リサイクル法が制定された理由には、一部の利益のみを重視した業者や心無い業者の自動車処理がずさんであったことが社会的に問題視されたことから始まっています。

それまでの使用済みの自動車から、リサイクルして再利用可能な部品や素材を回収した後のゴミの処分方法は、埋め立て処分が主体であったため、埋め立てる場所が少なくなり、処分費が高騰することによって車の不法投棄が増加してしまったのです。

リサイクル法が制定された当時は、素材価格も低迷し、販売益から十分な処分費用するのが困難な情勢だった為、利益のみを重視した業者はリサイクル後のゴミを不法投棄しました。

そのような背景から、自動車リサイクル法が施行され、使用済みの自動車を処分する際、資源回収後に発生するゴミである「シュレッダーダスト」や、エアコンに使われている「フロンガス」、爆発の危険性のある「エアバッグ」の三品目を、自動車の最終所有者が“自動車リサイクル券”により費用負担する事で適切なリサイクルを実施する事が可能になり、専門的な技術をもって適正な処理を行う業者のみが、自治体から許認可を取得できる仕組みに変わりました。

岡山自動車リサイクル協同組合とは自治体から許認可された事業者の集まりです。

廃車は終わりではない、スタートです。買取らせていただいたお車は、Re-use(パーツ類の再利用)、Recycle(鉄やアルミなど素材のリサイクル)を行い、再び社会で活躍する自動車リサイクル事業で社会に貢献いたします。

自動車解体・廃車について少しでもお悩みでしたらいつでもご相談頂けらと思います。

PAGETOP
Copyright © 岡山自動車リサイクル協同組合 All Rights Reserved.